Every day is a new day.

日常から非日常まで知りたいことだらけ!

【子供には無限の可能性がある】っていとも容易く言ってはいけない。人間には限界があることを教えるのも大事。

 

『子供には無限の可能性がある』

f:id:mizuwariwde:20180418204137j:plain

かつてはこんな今の自分だって、小中学生時代(もちろん昭和)には『努力すればなれないものはない!』と熱血教師にそそのかされた口で、わずか短い期間ではあったものの、淡い希望を持った記憶がある。

が、名家に生まれる予定だった自分は結局のところ、教育や出世や名声とはかけ離れた長屋在住の、良いのか悪いのか一つも教育熱心ではない両親のもとに生まれたため、将来に対する明確なビジョンというものが持てなかったので、あえなく挫折。

テレビか何かで仕入れた情報だけを頼りに、ボヤ―っとした思い付きのみだけで、合っているのかいないのかさえ分からない細やかな努力っぽいことをしてはみものの、所詮、土台が土台なもんだから長続きするわけがなかった。

そして、人間うまくできたもので、年を重ねるごとに【あきらめ】という技を習得し【現実】を知ることとなる。

 

ただ決して、今の子供達に夢を見るなと言っているわけではない。

興味あるものに対し、乾いた砂が水を吸うような勢いで知識を取得するわが子の様には、家族として目を見張るものがあるだろう。『この子は天才かも⁉』なんて思ったことが一度や二度ある親御さんもいるのではないだろうか?

そして、子供がチャレンジしたいことは何でも経験させてやりたいと思う親心も大切な訳で、『これをするにはまだ早い』といって決めつけてしまうことは、子供の成長にとって大変勿体ないことなのである。

プロ野球選手・宇宙飛行士・官僚・法曹・作家・音楽家・・・

 

ただし、憧れの職業に就き成功するには、たぐいまれなる才能とセンスが必要なわけで、それを生業としている方々は、IQが高い・容姿端麗・身体能力が高い・絵が上手・人を引き付ける魅力があるetc.といった、生まれながらに備え持った能力があるのも既知の事実で、なりたいからといって容易になれるものではない。

だからそこで肝心なのは、その子にとって明らかに無理なことを押し付け続けるのは酷なことだから、その子の個性を尊重してあげるのが一番必要なのではないのかと。

   

学校生活だって十人十色。

『友達100人できるかな』『みんな仲良く』『クラスで団結』なんて言っている先生、今でもいるのかな?

そんなこと言われても困るよね?誰だって学校に苦手な子がいる(た)よね?

少なくとも自分は数人いた。

あんまり思い出したくはないけれど、年頃の女子はカースト制度が激しく、週替わり的な感じで誰かが仲間はずれにされていたような覚えがある。もちろん自分も。

だからもし、今の自分がタイムスリップできるのならば、

『無理して気の合わない人と付き合うことはない』って、あの時の自分に言ってあげたい。

 

わが娘達によく言っていた『みんなと仲良く』というセリフも、今となっては学生当時の娘達の社会もよく知らないくせに、気軽に何を言っちゃってたんだろうと後悔している。自分ができなかったことを子供に押し付けたばかりか、『個性が大事』なんてよく言ってられたなと。

今だったら、『その子とちょっと距離を置いてみれば?』って冷静に言えるのに。

 

だから、あなたのお子さんが『学校に苦手な人がいる』と告白してくれたなら、『無理して付き合う必要はない』と言ってあげればいい。

ただ、優しい子はなかなか自分の感情を出せないから、何なら親御さんから自分の体験談に織り込んで、何気に先制するのもありなのかと。

 

ただ、苦手な相手と距離を置くといっても、人として最低限の作法は守らなくてはダメだということ。

最低限な挨拶は交わし、決して苦手人物を敵対視することはないように。

 

100パーセント自分を受け入れてくれる友達はいないに等しい。

どんなに仲が良い友達でも所詮、他人は他人。

多くの仲間より、気の置けない友達を一人でも見つけられたら幸せかも。

 

人間、完璧万能な人は一人としていない。

時にはあきらめも肝心で、ある程度の挫折という耐性を取得しなければ、その人間は一度夢破れただけで衰退してしまう。

『挑戦→あきらめ』を繰り返すことも、自分の最適を見つけるために大事なことなんじゃないのかな。

 

パワハラで訴えらるかもしれない。新年度からなんてこった…

 

つい先日、同部署内のA氏が労働監督署に行って、パワハラを受けて困っていると相談してきたそうだ。

現在通院している精神科の医師に、《現在の職場環境はパワハラで安全配慮義務違反にあたるかもしれません。労働監督署に相談してみなさい》と一言言われたがために、後先を考えずその足で労働監督署に立ち寄ったのだという。

そして直属の上司(自分の上司でもある)には相談へ行った翌日、「一応、お耳に入れておこうと思いまして」と、会社側には何の相談もなく決行したことを告げたのだ。

 

f:id:mizuwariwde:20180402201659j:plain

 

A氏は大学卒業後、営業職や工場など何社か転々としたらしいが、どこに行っても一年と続かずコネ入社で現在に至る。

そして残念なことに、入社できたもののどの部署でもまともに勤まらず、20年かけ流れ流れて辿り着いたのが、この記事を書いている自分もパワハラ要因の一環かもしれないという現在の部署。

 

自分はA氏の噂を入社当時から聞いていたのである程度は覚悟していたが、横柄な態度をとったり、へんてこな敬語を使ったり、気持ち悪いくらい調子が良かったりと、とにかく日によってコロコロ変わる人格を、初めのうちは興味津々でおもしろがっていた。

しかし、徐々にみんなが言っていたことが分かってきて、『あぁ、この人は・・・』と気づくのにそれほど時間はかからなかった。

 

数年前に精神障害者手帳【2級】を取得したA氏。

他部署の人たちには、「自分2級なんですよ」と少し誇らしげに語っていたというから自分には理解し難かったが、しかしそれが【2級】を手に入れることが出来る要因なのだろう。

毎日同じような失敗はするけれど反省はしていない様子だし、注意をしても必ず言い訳から始まり他人のせいにするし、自分からしてみれば言っちゃ悪いが、『あれで人の親なのか』と思ってしまうような人物だった。

上司も人事に『これ以上置いておくのは無理だから』と再三、異動してもらえるよう懇願していたが、どうにかして置いといてくれといった感じでうやむやにされる始末。

そして、当の本人もさすがに毎日注意を受けるのに嫌気がさしたのであろう、自ら直接人事に異動を願い出たが、『もうあなたが異動できるところはない』と釘を刺されてそのままになってしまった。

 

今では障害者手帳を取得したA氏だが、それだって自ら病院へ行ったのではない。

当のA氏はそれまで自分は正常(表現が正しくないかもしれない)だと思っていたと思う。

今まで普通?に生活してこれたし、配偶者だって子供だっているし、車の運転もできる。

傍目から見ればまぁ、健常者なのだから。

しかし、仕事中は明らかに普通ではないA氏に、周囲は心療内科か精神科に行ってみればと勧め続けた。

通院するようになってからも、上司は困っていることはないかと相談内容を一緒に考えた。そして、それを医師やカウンセラーに相談してくるといった繰り返しが続くこと約一年、A氏にADHDの診断が下ったのだ。

しかし、通院から二年過ぎたであろう現在も、一向に良くなる気配がないというか、逆に身振りや手振り、発言までもがおかしくなってきていて、一緒に仕事をしているこちらとしては、どう対応していいか分からなくなってしまうほどに。

 

ただ、困っている人?に対して何もせずにいるのは今時よろしくない風潮なので、A氏には人に頼らずともできる作業を割り当てたり、当日の作業の内容などを分かりやすくホワイトボードに記入したりするなど、こちら側としても結構な努力をしているはずなのだが。

しかし残念なことに、A氏は時々何かのスイッチが入るらしく、決してA氏には出来ない仕事を、誰にも何の相談もせずに引き受けてしまったりするなど、前回の失敗のほとぼりが冷める前にまた大きな失敗をしてしまい、こちらとしてはもう手の打ちようがなく、A氏のおかれる状況は悪くなるばかりだった。

 

『なぜ、家族はこの職場にA氏をこさせるのだろう?いくら生活の為とはいえ、自分の旦那や子供がこんな状態だったらすぐに辞めさせるのに・・・』と何度も思わずにはいられなかった。

  

われわれは、A氏の発達障害が発覚してから、できる限り調べて対応してきた。

しかし、

「明日から二週間休みます」←何の気兼ねもなく休んだ。

「明日から一か月休みます」←何の気兼ねもなく休んだ。

「仕事辞めます、二言はありません」←辞めてないけど。

これらの発言を気軽に吐き出し、周囲を混乱させてきたこと十数回。

それだって、自分発信ではない。

「医者に言われたんで・・・」

「事務長に言われたんで・・・」

いつも他力本願なのだ。

 

「知りませんでした」

「自分聞いていなかったので」

A氏は真面目に答えているのだろうけれど、こちらとしては毎回毎回よくもしらを切れるなといった思いさえする。

『まさかこちらが踊らされているのでは?』と疑心暗鬼にさえなってしまう。

 

A氏は自分の気持ちをうまく表現したり、他人の気持ちを汲み取るといったことが苦手だということを少しは理解していたつもりだったから、こちらとしては色々工面し協力してきたはずなのに。

それが今じゃ「パワハラだと思います」だってよ。

難しい・・・

 

いや、ちょっと待って、性格的にも問題あるんじゃないのか?

自分が入社したての頃はA氏に、「一度言ったよねぇ(一度教えたのに何で覚えていないんだ)・・・」って言われたのを思い出した。

『まったくよ~、あんな説明でどうやってわかれって言うんだよっ!』って、飲みの席で愚痴った時、数人同じ経験をしたことがあると盛り上がった記憶もある。

たいがいはあっという間に立場が逆転してしまうのに、自分よりも能力が下の人間を見下すということはできるのだ。

だから、それがますます嫌われてしまう要因にもなっているんだと思う。

 

話がそれてしまったが、労働監督署に職場はどう対応してくれたのかを近日中に報告するというので、A氏の現在の思いを確認しようと会議を開いたわけだが、とりあえずA氏の考えとしては、誰かを訴えるとか、損害賠償で慰謝料を請求したいとかではなく、部署異動を希望しているという。

もう、無理なんだけれどな。しかし、それが通らなければまた誰かに入れ知恵されて大きく出るんだろうが。

って言ったって、もうどこも行くとこないよ。

はっきり言って今の仕事量でその年収(決して同年代に比べたら高くはないと思うが)じゃもらいすぎだよ。

 

もう、振り回されるのは散々だ。こちらはやれるだけの事はやった。

あとは後先考えずにA氏を入社させた、上層部に丸投げするしかない。

 

高崎観音山へ花見に行ってきました

今週のお題「お花見」

おっ、いたいた。

いや、正確にはいらっしゃったいらっしゃった。

f:id:mizuwariwde:20180401184459j:plain

遠くに見えるのは観音様。

少しアップしてみると優しい顔立ちが分かります。

f:id:mizuwariwde:20180401184817j:plain

さらに数分走れば高崎の街並みを見渡せる観音山駐車場に。

f:id:mizuwariwde:20180401190205j:plain

写真撮影が得意ではないので、素敵な景色を上手にお伝えすることが出来ずに辛いところですが、久々の『いい眺め』でした。

ここだけで花見気分は充分に満たされたのですが、せっかく450円の駐車料金を支払ったということで、参道を少し歩いてみることにしました・・・

f:id:mizuwariwde:20180401191923j:plain

 

少し汗ばむくらいの絶好な花見日和。

桜だけではない花見も楽しめました。

f:id:mizuwariwde:20180401192513j:plain

f:id:mizuwariwde:20180401192547j:plain

f:id:mizuwariwde:20180401192625j:plain

 

参道の途中には昔ながらのお土産屋さんが所々に。

f:id:mizuwariwde:20180401193152j:plain

んっ⁉

f:id:mizuwariwde:20180401193519j:plain

えっ⁉

f:id:mizuwariwde:20180401193455j:plain

へぇ~っ!

なんでもフクロウのふくちゃんと一緒に記念撮影できるらしいのですが、残念ながら本日はお休みでした。

 

だるま生産量日本一の高崎市らしいお土産屋さんも。

f:id:mizuwariwde:20180401193822j:plain

他にももっと小さくてカラフルなだるまちゃんたちもいました。

 

道中にはあの方のものと思われるいくつかの足跡が・・・

f:id:mizuwariwde:20180401194727j:plain

f:id:mizuwariwde:20180401194914j:plain

 

おっ!観音さまだ。

f:id:mizuwariwde:20180401194614j:plain

 

いい季節ですなぁ~。

f:id:mizuwariwde:20180401195207j:plain

 

けがれた自分を見透かされているような気分になりました・・・

f:id:mizuwariwde:20180401195324j:plain

『こんな自分を許していただけるのでしょうか・・・』

しみじみと自問自答していると少し強い風が吹きました。

f:id:mizuwariwde:20180401200555j:plain

見事な桜吹雪を見ることができて、気持ちが少し軽くなりました。

 

桜を見て気持ちが和むなんて、年食ったんだなとしみじみと思うのと同時に、今では外国人にも大人気な日本の宝を誇らしくさえ思っています。

心が少し病んでしまったら、一度桜を見上げてみるといいかもしれません。

 

わが家に到着して車から降りる時、バックをとったら素敵なお土産が・・・

f:id:mizuwariwde:20180401201331j:plain

素敵すぎるぜ!桜さん。

頭に来てもアホとは戦うな!

 

結構な瞬間湯沸かし器タイプの自分だが、苛立ちを腹に飲み込んで我慢するという技を習得しているので、それほど親しい間柄ではない人の目には『悩みなんてなさそうな呑気さん』に映っているらしい。

そんなこんなだから近い将来、自分自身が噴火してダメになってしまうんじゃないかと不安を抱く中、出会った本が【頭に来てもアホとは戦うな!】

 

f:id:mizuwariwde:20180324114740j:plain

 

2014年7月30日に発売された【頭に来てもアホと戦うな!】が、今年1月15日から3月18日のビジネス書ランキングで9週連続1位に。

記憶に新しい豊田真由子議員のパワハラ暴言に始まり、死亡事故が発生しているにもかかわらず、依然としてなくなることのない煽り運転など、理不尽な行為が社会問題になったことも【頭に来てもアホとは戦うな!】が注目される要因になっているのであろう。

 

アホと関わると問題がこじれ、悩みや怒りが増し時間の無駄で、アホのタイプに合わせたかわし方が重要らしい。

『味方だと思っていた相手に裏切られたら、反撃はせずに冷静になって正確な情報を収集する』

『理不尽な要求を突き付けてくる相手には従順なふりをして従う』

など、嫌な相手に対するかわし方のヒントが記載されている。

 

残念ながら、現代社会では悪がはびこっても水戸光圀一行が成敗しに来てくれるわけではないし、必ずしも正義が勝つとは限らない。

『いつかは倍返し!』で、自分の大切な時間とエネルギーを消費してしまうのはもったいない。

あくまで自分が主体だと考える必要がある。

他人の目を気にせず自分と向き合う時間を確保することが大事で、自分がコントロールできないものにあれこれ悩んだり、イライラしたりするのは時間の無駄。

そして一番重要なのは、自分にとって必要なプライドなのか無駄なプライドなのかを見極めることである。

 

【ビヨンド・ミート】植物性たんぱく質で肉を超えた肉

ビヨンド・ミート

ビル・ゲイツ財団などが巨額の出資をしており、最近となっては環境活動家の一面も持つレオナルド・ディカプリオ氏も投資したことで注目を集めている、ビヨンド・ミート。

ビヨンド・ミート社が見た目も徹底的に『本物の肉』こだわり、本物の肉と同様に『生肉』の状態で売られていて、さらには火を通すことで本物の肉同様に、肉汁のような液体を流しながら褐色へと変色するといった、調理体験までも再現するという肉を超えた植物原料だけの肉を開発することに成功した。

現時点では日本でどのように販売されるのか詳細は分かっていないが、三井物産が数年前にビヨンド・ミート社に出資をしているため、今年のビヨンド・ミート日本上陸も三井物産が担っている。

2016年販売開始のハンバーガー用ビーフパティー

f:id:mizuwariwde:20180321204154p:plain

健康食であるビヨンド・ミート
  • 低トランス脂肪酸を考慮した油
  • 天然由来のみ使用した色素と香料
  • 人体に無害とされている添加物のみ使用

大豆やエンドウ豆などを主原料とし、植物だけを使用して『本物の肉と全く同じ味の食品』の開発を目指し続けた結果、通常のビーフパティーと比較すると、カロリーはほぼ一緒でダイエット食には適していないが、中性脂肪の原因となる飽和脂肪酸が通常の牛肉の約半分、コレステロールに関してはビヨンドバーガーには全く含まれていない。

f:id:mizuwariwde:20180322213301p:plain

たんぱく源である肉のデメリット

世界保健機関(WHO)は、牛肉などの赤肉をグループ2発がん性物質(人に対しておそらく発がん性がある)に指定している。

そして、牛肉や豚肉を加工して作られているベーコンやソーセージなどの加工肉は、グループ1発がん性物質(人に対する発がん性がある)にリストアップされている。

※グループ1発がん性物質:タバコ・アスベスト・プルトニウム・カドミウム・ダイオキシンなど。

 

普段何気なく食している畜産物の多くは、一頭が病気にかかれば施設内で一気に広がるような、病期が蔓延しやすい狭い環境下で育てられている。

そこで、このような環境下でも病気にかからないように、家畜のエサには大量の抗生物質や抗菌性物質などが加えられている。

 

ヴィーガン(絶対菜食主義)

人間の食の嗜好は多種多様で、世界の中には動物の肉を食べない人も相当数存在する。

いわゆるベジタリアンヴィーガンという嗜好の人達。

中には体質の問題などではなく、環境のために肉を食べない人もいる。

f:id:mizuwariwde:20180322213953j:plain

ビーガンは動物に苦しみを与えることへの嫌悪から、動物の肉・魚肉・魚介・卵・乳製品を食べず、また動物製品(皮革製品・シルク・ウールなど)を身につけたりしない人達。ただし、同じビーガンとこだわる人達でも、考え方がそれぞれ違う。

  • エシカル・ビーガン:動物製品に一切触れないという一番厳しいもの。
  • ダイエタリー・ビーガン:動物性食品は一切食べないが、衣料品などにこだわりはなく、ウールも着るし羽毛布団も使う。 (一般的にビーガンというと、このビーガンをさすことが多い)
  • フルータリアン:動物性食品も食べないし、植物でも命を奪わないことを採取の条件にする。( 収穫してもまた実る果実や木の実などは食べるが、1度収穫したら終わりの根菜類などは食べない) 

  

46年間謎だった肉

カップヌードルは、日清食品の創業者である安藤百福の開発で、1971年9月18日に発売された。現在80カ国以上で発売されている世界初のカップヌードルで、まさに世界のトップブランド。

f:id:mizuwariwde:20180322070657p:plain


昨年9月には日清食品が公式ホームページで、『カップヌードル46年目の告白』と題して、四角くて茶色い肉らしきものの正体を明らかにした。

その正体とは、動物資源と植物資源を合わせた『来る世界の食料危機に対応した近未来のハイブリッドミート』だそうだ。さすがは世界の日清、先見の明がある。

食料危機⁉
  • 食用の牛・豚・鶏の飼育が地球温暖化を加速させる温室効果ガスの発生に寄与している(人工的な温室効果ガスのうち18%が家畜が原因)
  • 新興国の人口増加が予想されるが、それに対して家畜の生産が追いつかない。
  • 2050年には人類のタンパク質需要は現在の約2倍に増えると言われており、そのすべてを動物性タンパク質で賄うのはほぼ不可能とされる。

 

自分としては・・・

本当に本当に肉が大好きなもんで、書いているうちになんだか切なくなってきた。

かと言って、きれいごとではあるが動物の殺生には気が引ける。

日本にも大豆を代用した精進料理などが多々あるが、端から相手にはしなかった自分がいる・・・

ビヨンド・ミートが日本で購入可能になったら真っ先に飛びつき、本当にそれは肉好きを納得させられる代物なのか検証したい。

世のため人のため、そして自分のために、割り切らなければならない時が来たのかもしれない。

あ~、タン塩・カルビ食いたいなぁ!

 

自分なりの哲学的な何かが閃く【当たってくだけろ 】

 

かけ声

『当たってくだけろ』

かけ声は 勇ましいけれど

かけ声をかける 当人は

当たりも くだけも しねんだよなあ

相田みつを

 

f:id:mizuwariwde:20180313120715p:plain

 

皆さんは「がんばってねぇ~」と一言かけられるのはうれしい?

 

がん‐ば・る〔グワン‐〕【頑張る】

困難にめげないで我慢してやり抜く。

自分の考え・意志をどこまでも通そうとする。我 (が) を張る。

ある場所を占めて動かないでいる。

頑張る(がんばる)の意味 - goo国語辞書

 

普段何気なく使っている【頑張る】という言葉、実は結構重い言葉。

自分が言われたとすると、正直複雑な気分になってしまう。

そして、『気軽に頑張ってと言えるあなたは、本気で自分の事を応援してくれているのか?』と疑心暗鬼にさえ陥いってしまう。

社交辞令で言ってくれているのもあると思うが、性格がねじ曲がっている自分からしてみれば、何よりも声をかけてくれる人の言葉の重みというか中身が軽すぎて、心からではないんだなと一瞬で分かってしまうからだ。

『ほ~い!』とお茶らけて返事はしてみるものの、心の中や脳内では社交辞令はやめてください感が半端ないのである。

 

とは言え、自分自身がある程度頑張らないとならない状況下で、誰からも何の言葉もかけられないというのも寂しいものがある。

言っていることが矛盾してしまったが、要は『応援する気がないのなら、安易に応援してもらわないで結構です』と言ったところだろうか。

だから、自分も気軽に使ってしまいがちな【頑張って】を大事に使いたい。

 

心が素直な人は頑張っての一言をうれしく感じるんだろうな。

そうだ、声をかけてくれる人は心から応援してくれているんだ。

何十年もの年月をかけてねじ曲がった心の知恵の輪を解こうとしていると、

「上っ面だけの人間の一言を、いちいち気にしてんじゃねえよ!」

と、にやり笑いながら言っているもう一人の自分の声が聞こえた。

 

自分なりの哲学的な何かが閃く【人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている】

 

人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている

伊集院静

 

f:id:mizuwariwde:20180306205735p:plain

 

『悩みなさそうでいいよねぇ~』

自分がこれまでの人生の中で、何度も言われたことのある言葉。

他人様の目には、よっぽど自分の姿が能天気に映っているんだろうな。

 

『あなたは、所構わず自分の感情を吐露出来ていいですよねぇ・・・』

言われた瞬間は、軽く『そお⁉』と一言でやり過ごしているが、時間が経過するごとに、「あかの他人の事情を大して分かりもしないくせに、よくそんな言葉を吐けるな」と腹が立ってくる。

でも、自分にとって唯一救いなのは、その言葉を投げかけてくる人物が、特にこの先も仲良くしていたいと思っている相手からじゃないから、大して堪えないということ。

ん?・・・撤回、やっぱりちょっと、いや、自分の事を何にも知らない相手に能天気だと言われるのは物凄く嫌だ。 

 

どの口が言う⁉

少なくとも、事あるごとにブツブツねちねちと文句を垂れ流しできるあなたよりは、よっぽど我慢していると思うのだが・・・

おっと、いけない!

こんな発言をしていたら、自分だってブツブツねちねち組と何ら変わらなくなってしまう。

 

人間て、負の言葉を聞き続けていると、自然と気持ちが沈んできませんか?

もちろん、気心の知れた間柄だったら、ストレス発散の為に少しくらいの文句を言ったり聞いたりするのも悪くないと思うが、それが度を越して、せっかくの仲良しなのに顔を合わせるたびにネガティブな話ししかできなくなってしまったら、心のよりどころが無くなってしまうでしょ。

 

他人には自分の姿が幸せそうに映っているのか!

結局、悩みなさそうに見えているっていうことは、ブツブツねちねち組に羨ましがられているってことか!

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

ただし、『幸せそう』という表現は30点だな。 

どうせなら、『幸せだね!』がいい。

 

隣の芝生は青い

分かっちゃいるけれどもね。 

【完璧を求めている・ストレスが溜まっている・自分に自信がない】人にはなおさら他人の芝生が青々と映るであろう。

が、人間って悪い部分は極力外に見せないようにと努力しているのも事実。

ましてや人にはそれぞれ、オンリーワンの物差しがあるから、物の見え方が違うのは当然。

【人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている】のだから、軽はずみな言葉には注意しようと再認識したのと同時に、自分は自分なのだと言い聞かせる努力をしている。

 

© 2016 mizuwariwde