読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

模様替え~

うさぎ宅の赤ちゃん用隠れ家というか、寝床をはずして模様替えしてみた。

 

これから暑くなってくるから、暖かい布団はもういらないんじゃないかという理由と、日に日に大きくなってきている子供達を、母が隠す必要がなくなったんじゃないかという理由。(というか、結構前から隠しきれていない。)

 

生意気にもペレットやチモシー(牧草)を、ちまちま食べるようになりその仕草がまた何とも言えない。

知らぬ間に、自分の手をぎゅーっと握りしめてしまうくらいかわいい。

 

しかし今のところ、抱っこできるというレベルにはかなり遠い。

どうしても触りたくて半ば強引に抱っこしてしまうけれど、ちび達はきっと迷惑していると思う。

 

 

5羽のちび達をうさぎ宅へ戻す時は、大食いの母をまずご飯で釣って部屋へ戻し、そのあとはどじょうすくいの要領で(したことないけど)、1羽ずつ捕まえる。

しかし、かくれんぼ状態でけっこう時間がかかり、結局ちび達に遊ばれてしまう。

 

そして、わが家も衣替え。

面倒臭がりな自分は、見て見ぬ振りをしていた。

が、夏服を押入れの衣装ケースから、体を突っ込んで取り出すのにさすがに不便を感じ、意を決して衣替えに挑んだ。

(世の中の皆さんは、そんな大げさにしなくても、普通に衣替えしてますよね。自分がずぼらなだけのです。)

毎回とっておくけど着ない服。どうしても捨てられない。

 

娘の分もはじめちゃったけど、恐ろしい…あふれ返る洋服。

『いつ、なんどきにこんな服着るんだよっ!』

突っ込みが止まらない。

ライブや学園祭とかで着たものらしいのだが、日常生活で着られそうなものはほんのわずか。

 

一人ぶつぶつ文句を言いながら、

『えーいっ!ここは一つ思い切って断捨離するか。』

数年間袖を通していない服は、捨てることにした。

買って一度も袖を通していない物や、着たとしてもせいぜい2、3回程度の物。

『う〜ん・・・』ぽいっとゴミ袋へ。

 

でもはるか昔、ハワイに行った時に購入した、娘二人(当時3歳と2歳)が着ていたムームーはいまだに捨てられない。

f:id:mizuwariwde:20160821135142j:plain

 

母に似た模様があるちびが一番はしっこい

f:id:mizuwariwde:20160821140653j:plain

 

© 2016 mizuwariwde