読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

名前を付けてあげたいし、夏の暑さにも対処してあげたいし。

そういえば、五つ子達の名前がまだだったな。

スカッとした かっこいい名前をつけてやりたくて、五字熟語?やら名言格言を調べてみたけどなかなか見つからない。

性別もまだわからないしなぁ。

 

親うさぎのような立体的な顔立ちとは違って、まだ赤ちゃん顔というか、幼児顔のちびっ子達も、ぺちゃんこの鼻を一丁前にピクピクさせている。

 

お乳欲しさに母の元へと飛びついていくけれど、自分が見ているからお母さんはすぐに子供達から逃げてしまう。

 

『お母さん、あんまりじゃないの〜。子供達がお腹空かしてるのにぃ〜!』

初めはこの行動が、まさか育児放棄なのかと不安に駆られたが、うさぎはこれが当たり前で、とにかく子供が丸々してくれば問題はないそうだ。

これから、暑くなってきた時の対処の仕方に今から不安。

毛皮をまとったうさぎ一家。

家に人がいない間でも、エアコンをつけるべきだよなと考えている。

汗をかかないうさぎは、風を当てても人間のように涼しさを感じないから、エコでどうにか楽に夏を乗り切ってもらえる方法はないものかと、頭を悩めている。

 

でも、多少の犠牲は仕方ないな。

わが家はうさぎ様が1番ですから。

 

そういうことで、我慢強い我々だけではクーラーをつけるような暑さでなくとも、うさぎ一家のために、天気予報を見て時間の大体の気温を確認し、家に残る母に重々お願いすることにしよう。

 

自分:『〇〇時になったらクーラーをつけてね。頼んだよ。』

母 :『今の暑さでクーラーなんかつけてこの先どうする?』

自分:『油断していると熱中症になっちゃうよ。』

   (最初は、あくまでも母の為につけてくれとお願いしていた。)

母 :『ふーん。』

     分かったんだか分からないんだかの返事で、不安を残したまま家を出た。

 

職場へ行っても、気が気でならず家へ電話。

自分:『クーラーつけてくれた?』

母 :『まだ。』

 

・・・わが家で一番頑丈な母は、どんな暑さでも乗り切れるため、クーラーは体に悪いとか電気代がかかるとか言ってどうせつけないんだろうな。とは予測していたが、まさか本当につけていなかったとは。あれだけ言ったのに

これは、真実を言わなくては。

「うさぎの為にクーラーをつけて下さい。」

「電気代は心配しないで下さい。」

 

ということで、わが家の電気メーターは今日を境に

グルグル高速回転で回り始めるのであった。

 

まだ5羽の区別ができません

f:id:mizuwariwde:20160815202308j:plain

 

© 2016 mizuwariwde