読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

辛いなぁ。

とうとうこの日が。

ちび達5羽のうち、2羽が里親さんに貰われていった。自分は仕事で立ち会えなかったのだが、長女と母がその場に居合わせた訳で…

 

正直仕事で良かった。

2ヶ月弱だが、無垢な動物を見ていると、かなりの情が移ってしまう。

今月はじめ頃から貰われていくのが分かってからは、うさぎ達のところへ遊びに行く回数が、自然に減っていた。

 

職場にいる自分に、長女からのライン。

(ダイヤと無印が出て行ってしまった・・・)

あぁ、あの2羽が。頭に白いひし形の模様がある子と、まったく何も模様が入っていない子が貰われて行ったのか。

 

その里親さんは、外でうさぎを飼っているそうで、正直わが家の過保護飼育下で育ったちびが、適応できるのかものすごく不安。自由に見に行っていいそうだから、明日にでもこっそり行ってみよう。

 

これから先の無事を祈りつつ、門出を祝おう。

 

残った3羽のちび達。いつもは空っぽのお茶碗なのに、夜になってもご飯がいっぱい余っている。知らない人に触られたのが、ストレスだったのか?

長女が1羽ずつ撫でてあげて、お父さんとお母さんを入れ替わりで、ちび達に面会させた。すると、嘘のように活発になってきた。

やっぱりうさぎって、繊細なんだな。

 

生後一か月頃のちび達と母さん

f:id:mizuwariwde:20160804064822j:plain

 

上の写真もそうだが、母さんのカメラ目線がいつもよすぎる。

それぞれのいい場面や可愛いところを写真に収めようと構えると、母うさぎがどこからともなくダダッと跳んできて、目の前に来てしまう。ケージの中の赤ちゃんを撮りたくてカメラで覗くと、撮りたい赤ちゃんではなく、いつもぼやけた動的な母が一面に写っている。

『お母さん、少しの間どいてください。赤ちゃんを撮らせてください。』

  よし、気を取り直して。〝あっ、赤ちゃんが毛づくろいしてる。カシャッ。〟

 ・・・写ったのは画面いっぱいの白いぼやけた物体」。母だ。

 『どんだけ写りたがりなんですかっ!別に赤ちゃんに、悪いことをしようとしている訳じゃないんですよ。』

 

と言ったところで、ぽかーんと、お母さん。

赤ちゃんを押しつぶしてしまうくらい、密着している。本当にかわいいんだろうな。

 

ちび5羽はすぐに下が産まれて、母の愛情を十分に貰えたのだろうか?と、不安になるが、残った3羽を今まで以上に、責任持って可愛がろうと娘と決めた。

 

写真大好き母さん。また割り込んできた。

f:id:mizuwariwde:20160731223425j:plain

 

© 2016 mizuwariwde