Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

とまと

うさぎをかまっていたら、ベランダのミニトマトが目入った。真っ赤なのが一列に何個もなっていて、お見事。昨年も育てたミニトマトは、なんという品種か忘れたが、濃いトマト味とフルーツ並に甘くて感動したので、今年も苗を植えたというわけ。

 

母がですけど…

自分が、「去年のあのトマトがまたどうしても食べたいから、また作って。」と頼んだ。

そして、今年なった三個をもいで食べてみたのだが、今年のは小さくて普通のミニトマトだった。しかし、せっかくなってくれてるトマトにはありがとう。という気持ちは変わらない。

 

母は土いじりが好きで、ベランダには盆栽や花が、足の踏み場もないくらいある。

昨年の北側のベランダには、背の低いひまわりが綺麗な黄色で、ズラーッと並んでいて、圧巻だった。

買い物帰りに結構遠くから見えて、あれは素敵だったな。

そういう植物を観て、綺麗だなとか心安らぐなとかの感情はあるのですが、何せ土を触るのが苦手。

 

食べることが大好きな自分は、何度も家庭菜園にチャレンジしようとしましたが、その度に虫の脅威にさらされて断念している。

 

母にしてみれば、『そんなの気にしてたら、キリがない。何にもできないね。』

おっしゃる通り。

でも、足長蜂に刺された事があり、誰かに二度目はアナフィラキシーがあるから要注意。なんて言われると、心配性の自分は考えるだけで気分が重くなってしまう。

ましてや、猛暑の後の秋口になれば、スズメバチがうようよしている。

わが家の玄関前は、スズメバチの通り道のようで、時期になると同じような時間に、決まった方向からやってくるのだ。

 

出勤時間と重なっていて、玄関を開ける前はドアの小窓から一応確認して、さっと出てエレベーターに乗り込む。

普段は運動も兼ねて、エレベーターは使わず階段を利用するのだが、秋口はその階段が一番危ない。

 

何もしませんから、本当に一撃しないでください。お願いします。

通じるわけないか。

 

話は戻って、うさぎもトマトを食べられると聞いた事があるので、試しに出ていたうさぎ母に小さい一個をあげてみた。

 

少しだけくんくん匂いを嗅いで、あとは見向きもしなかった。

『お母さん、トマトって栄養いっぱいあるんだよ。』

聞く耳もたずだけど。

 

そんなこと言ってる自分も、トマトを食べられるようになったのは、大人になってからなのです…

 

好き嫌いしないちび達

f:id:mizuwariwde:20160731221903j:plain

 

© 2016 mizuwariwde