読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

それぞれの味覚

仕事から帰ったら実習帰りの長女がいた。

これから学習塾に講師としてバイトに行くため、何か食べさせなくては。

米櫃の横に無造作に置かれているジャガイモ。冷蔵庫をのぞけばピザ用チーズ。戸棚をあければツナ缶。ということで、

いももちを作る。

足りないよりは、余るほうがいいということで、わが家はいつもいっぱい作って冷凍保存。

 

  1. ジャガイモ4個はよく洗って、水を切らずに1個ずつラップにくるむ。
  2. レンジに並べて11分前後。最初6分加熱したら裏返してさらに5分。そして、熱いうちに皮をむかないと、なんて言われているけど、そのままで2~3分蒸らしが大事。加熱むらがなくなる。
  3. ジャガイモの皮をむいてつぶし、片栗粉大さじ3杯とツナ缶1個を入れて混ぜる。ぽそぽそにならないように牛乳も適量入れる。
  4. 手のひらにおさまるくらいの大きさに形を整え、中央にくぼみを作ってピザ用チーズを好きなだけ入れてくるむ。
  5. あとはバターでもオリーブオイルでもサラダ油でも、お好みの油をひいていい色になるまで焼くだけ。両面に軽く塩コショウ。
  6. そのままでも、ケチャップをつけても。                     

 

今日は12個できた。毎回できる数が微妙に違うという適当料理。

例のごとく料理を写真に収める長女。

『写真に残すような物出してないよ、まったく。もうそろそろ時間になるから、早く食べな。そんな写真友達に見せるんじゃないよ。』

 

大きいボウルいっぱいに入れたサラダも一緒にテーブルへ。

口いっぱいに頬張る娘。『うまい。』

この子はたいがいのものは何でもうまいと言う。こちらとしては、悪い気はしないが長女の味覚が少し気になることもあった。

しかし、苦手なものははっきりしていて手をつけない。外食よりは、家のご飯が好き。

気持ちだけ残ったサラダと、『帰ったらまた食べるから取っておいて。』と6個焼いて、1個余ったいももち。

 

長女が出かける前に2人でうさぎ一家のもとへ。

自分:『ねぇ、お父さんご飯食べてないよ。具合悪いんじゃないの?』

長女:『違うよ。お父さんは繊細だから、少しでもご飯が違うと慣れるまで時間がかかるんだよ。』 

 

へぇー、そうだったんだ。聞くといつもの餌がなかったらしく、見慣れないパッケージが置いてあった。

 

繊細な舌を持つうさぎ。かたや何でもうまいと食べる娘。対照的で少し声を出して笑ってしまった。

『なに?なにがおかしい?』

不思議そうに娘が自分を見ている。

 

繊細な父

f:id:mizuwariwde:20160731232337j:plain

 

© 2016 mizuwariwde