読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

鶏南蛮

パッとしない天気が続き、身体に鉛が入っているよう。仕事の方は今日は落ち着いていて、まったりな空気が流れていた。ぼーっとしていると、次第にまぶたが下がってきてガクッ。ハッと我に帰り姿勢を立て直す。

 

いかん、いかん。眠気覚ましに娘達にラインでもしてみるか。

例のごとく、小学生低学年並みの発想を次々と送ってみたが、2人ともバイト中&仕事中とみえて、返信なし。

ふん、いいよーだ。

 

お茶でも飲むかと流しに行って、何気に鏡を見たら、あごに2つホクロができていた。「なんだよ、これ。」

こすると消えた。左手の人差し指を見たら、マジックがついていた。

職業柄マジックをよく使うのだが、急いでキャップを閉めようとすると、指にマジックの先が滑ってついてしまう。パソコン作業中など真剣になると、あごに手をやる癖があるらしくこの始末。今日は周りに人がいなかったので、気づいてもらえなかった。というか、セーフ。

定時に仕事が終わりそそくさと帰宅。

 

さて、まぬけな話はこれくらいにして、今日のおかずは鶏南蛮でもするか。

酸味が体のどこかを元気にしてくれるだろう。

 

鶏南蛮作り方

1.  鶏胸肉500g位を一口大の削ぎ切りにして、しょうが・にんにく・醤油各小さじ1杯、塩コショウを揉みこむ。(胸肉でも安くて柔らかくおいしい)

 

2.  味付けした鶏肉に小麦粉をまぶし、溶き卵につけて、多めの油で表面がカリッとなるまで、揚げ焼きする。

 

3.  酢・醤油大さじ2、酒・みりん大さじ1と鷹の爪の小口切り少々をフライパンに入れて、アルコールをとばす。(鷹の爪は辛いので加減して)

 

4.  玉ねぎとキャベツを千切りにする。キャベツは下にひいて、玉ねぎは鶏肉の上へ。

 

5.  熱々のタレをかけて終了。

 

自分はあまり甘めのタレが好きではないので、砂糖は入れていないが、お好みで甘酢にしても。

鶏肉はもちろんの事、熱とタレでしんなりした野菜もおいしい。好き嫌いがなければ、パプリカやピーマンの千切りを少量混ぜるのもおすすめ。

 

キャベツのちぎったやつをお皿にのせ、わが家のうさぎ様達のもとへ。

野菜もお食べ。

たくさんあげるとおなかが緩くなってしまうので、少しずつおすそわけ。

皆無心にむしゃむしゃ。

 

キャベツを食べている父さん(うるてぃも)   

f:id:mizuwariwde:20160731132610j:plain

 

© 2016 mizuwariwde