Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

夏の風物詩

「ぷぅ〜ん」寝静まった後に、耳障りなこの音。夏ですねぇ〜。

…って、ちっがぁ〜う!!

寝不足へと誘う、モスキート音。

「気にしない、気にしない。」耳元の音を、軽く手で振り払い、無かった事に。

 

うとうと…大した時間経っていない。あれっ?ピタッと音が鳴り止んだが気配を感じた。「んっ?まずいっ。」体をゴロゴロと寝返りさせた。

 

シーンと静寂が戻る。

うとうと…「ぷぅ〜ん」

 『あ”〜〜〜っ‼︎』

万事休す。

我慢ならず起き上がり、去年使っていた液体蚊取りセットを探した。

「あった、あった。」

去年の物が、効果あるかどうかは分からないが、ないよりはマシだと、寝ぼけ眼でコンセントに差し込んだ。

『ふふ、これで終わりだな。』

 

そして無事翌朝を迎えました。なんてことになると、この記事も終わってしまうと蚊も分かっての事か、「ぷぅ~ん」

 

『おいっ‼︎』自分のこめかみを、〝バチーンッ〟

仕留められたかどうかは分からないが、我慢の限界。

部屋の電気をつけて、手のひらを見ても、それらしき後は残っていない。

仕留め損なったようだ。あぐらをかいて、目をつぶって、耳に神経を集中させる。

 

『そこかっ?!』思いっきり空をつかんだ。

しかそ、手のひらを広げても、何もない。

『なんてこった…』1センチにも満たない生物の、脅威にさらされている。

夜中の迷惑な手拍子。空振りばかりで、芯を得られない。

 

ガチャッ。部屋のドアが開いた。『なんだいっ?!どうしたんだいっ?!』

わが家の女帝(母)が現れた。

『いや、蚊が。』

『夜中にバカみたいに騒がしいねっ!なんだいっ、そんな事で。』

  バタンッ‼︎

 

『だってぇ〜、蚊がぁ…』

科学の力を信じて、静かに眠る事に専念した。

が、結局睡眠不足のまま、朝になってしまった。まだ5時かぁ。今日が休日だったらいいのにな。

「散々だったな…」 左手首・左手・右手・左すね。

 昨晩の戦いによる、紅い勲章がついていた。

 

あー、かゆい。あんまり掻きむしると茶色くシミになっちゃうんだよな。年々それもなかなか消えないし。でも、これを仕事前に書けたのが唯一の救い。

 

お前さん達は蚊に刺されないのかね?

f:id:mizuwariwde:20160810192757j:plain

 

© 2016 mizuwariwde