Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

本当に命がけなんです。

ここ数ヶ月、気づかないふりをしていたが、自分の体温より温度差があるものがしみてしまう。硬いものを噛むと痛みがある。

虫歯だ。

思い起こせば、1年前。

決死の覚悟で、歯医者の門を叩いた。

そこまでにたどり着くために、様々な過程があった。

 

予約の電話を入れようと受話器を持つが決心がつかず、またそれを置いてしまう。

歯科の前をうろつき、結局入れなかったこと十数回。

恵まれた環境にあり、歯科がものすごく近い場所にある。職場の仲間達からはからかわれ、最後はあきれられ…

 

今日こそは。と意を決してはみたものの結局行かず、オオカミ少年状態。

 

なぜ、そこまでになったのかというと…21か2の頃、普通に歯科治療を受けていたのだが、その日の麻酔時に急に頻脈がはじまり、心臓が体か出てしまうのではないか?!くらい激しく、頭の中がフワァ〜っとした感じになってしまった。

その旨を伝えたら、歯科医も少し焦ったような顔で血圧計をどこからか探してきた。それから10分くらいだったか、頭を下げて休んでいた覚えがある。

 

それ以降はというと、歯科で麻酔をするたびにその反応が起こり、それが怖くて歯科から足が遠のいてしまったという訳。

 

しかし、歯も大事にしなければ大病をまねくこともあるから、これ以上放っておくことはできない。

 

そこで意を決した。

病院内の歯科なら何かあっても、処置が早くしてもらえるだろうということで、ついに、ここまでたどり着いた。

 

呼ばれて中に入ったまでは良かったが、緊張のあまり、先生の丸イスに座ってしまって、歯科関係者から笑いを取った。なんて言ってるけど、決してウケ狙いではなかった。というか、そんな余裕はない。

それくらい緊張しているということが先生にも伝わったらしく、不安を話すと今までにない神対応で、本当にゆっくりと少しずつ、さぐりながら麻酔注射をしてくれた。

緊張で冷たくなった手を握ってくれて、歯科助手さんが温かいタオルを持ってきて、自分の手を温めてくれた。

自分1人に、本来の患者何人分の時間を費やしてくれたんだろう。

まさに、大慶至極。

 

そして、麻酔薬のアレルギーではなくて、迷走神経反射(生命を維持しようとする正常な反応だが、過剰に刺激され自律神経に失調をきたす場合は、血圧の低下や心拍数の低下が起こる。)で身体に変化がおきていることが分かった。

 

あ〜、そろそろ歯科行かなきゃな。

どうせ寝ている間に、奥歯噛み締めているんだろうな。

仕事中も知らぬ間に、上下の歯をこする癖がある。良くないよな。

でも無意識にしちゃうんだよな。弱ったもんだ。

 

うさぎ一家、今日も柱やら壁紙などをカリカリやっている。

床には見たくない何かの破片が、あちこちに落ちている。

『あーっ、そこをかじるのだけは勘弁して下さい。』

少し大きな声を出した自分に、一斉にウサギ達が振り向く。それも一瞬だけ。

また、黙々と作業を始め出した。

 

片付けなきゃ…

いいなぁ、丈夫な歯を持っていて。  

 

何がそんなに気になるの?

f:id:mizuwariwde:20160807065228j:plain

 

© 2016 mizuwariwde