Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

自然の目覚まし

目の前にある公園と、一つ道を挟んだ公共施設の木にいると思われる、鳥の鳴き声が非常に気になる。

 

先月あたりからだろうか、明け方4時頃から鳴き始めるのだけど、どうやら多数ではなく、間を行き来している1羽が頑張っているようだ。

時折、違う種類の声もするのだが 、それは特別気にはならない。

 

〝ぴーっ、ぴーっ、ぴーっ、ぴぴょぴょぴょっ〟

音は上手く表現できないが、ある一定のリズムで繰り返し、ずっと鳴いている。

あくまで自分の想像なのだが、スズメ以上、ハト未満のあまり大きくはないと思われる体の全身を使って、大きい声を振り絞って鳴いているという感じ。

 

窓からどんな鳥なのだろうと眺めるのだけど、特定するに至らず。

鳥の鳴き声図鑑なるものを参照してみたが、これだと思えるものはなかった。

 

午前5時。どうにかその鳥を探り当てられないものかと、わが家の押し入れ奥にしまってあった鳥図鑑を引っ張り出した。

まさか、二人の子がままごとのテーブルに使ってみたり、そのまま上に座って座布団代わりにしていたものに、役立つ日が来るとは。

 

どんな鳥なのだろうと図鑑に没頭していると、 

〝ぴー、ぴー、ぴー・・・〟

ん?おいっ、その後の〝ぴぴょぴょぴょっ〟はどうしたっ?

 

 〝ぴぴょ、ぴぴょっ?ぴーぴぴょぴっ?〟

おいっ、鳴き方が分からなくなるほどなら少し休めっ。

 

なんて、鳥からしてみたら大きなお世話だな。

車の通りも多くなる頃になると、自然と鳴き声も聞こえなくなる。

結局、その声の持ち主は分からなかった。

 

その一方で、

"カリカリカリッ"  "ダダッ、バタバタッ" 

ある部屋から、あまり建物的にはよろしくない音が聞こえてくる。

 

そっとドアを開ければ、解放されたうさぎ一家。

フローリングの床に思いっきり穴掘り動作をしている者、柱をかじる者、ガードしてあるはずの書物をかじる者。 カーテンの裾を無我夢中でかじる者。

 

・・・うーん。

床や壁についた細かい傷、ボロボロになったカーテン、散らかった紙くず。

『うんうん。ま、いっか。』

って、ちっがーうっ!!これ以上の悪事許しませんぞ。こうなったら、一家のあるじにお説教だ。

 

『お父さん、好き勝手やられちゃ困ります。』

言ってみたものの、ケージの隙間から顔を突き出すお父さん。

撫でてくださいアピール。

『まったく、もう。』

 

うさぎ一家の美男子、お父さん。撫でてくださいアピール。

f:id:mizuwariwde:20160810204306j:plain

 

© 2016 mizuwariwde