Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

何十年も前の山の思い出

世間の子供達は今夏休み中だから、今日の山の日という祝日は、大人の為の休みなのか?あいにく自分は本日仕事なので、どれどれ、物知りの上司に聞いてみよう。

 

山に親しんで、山の恵みに感謝する。といったところかな。」

 

ふーん、いまいちパッとしないな。

みんなでぞろぞろ山を登ってみたらいいのか?

初心者がむやみやたらに登山なんてしていいのかね?

最近、「山何とか」が流行っているらしいけど、ファッションでするものなのかね?

なんて一人勝手に思いを巡らせてしまったけど、もちろん登山には十分な計画と準備が必要かと。

 

自分が登山と呼べることをしたのは、中学時代に地元の有名な山に登った記憶があるだけだなぁ。林間学校というやつ。

何十年も前の事なので、記憶に残っているのはほんのわずか。

  • 数人ずつに分かれて、方位磁石と地図のようなものを渡されて、途中で与えられた課題をこなしながら、目的地までたどり着くというやつ。オリエンテーリング?ウォークラリー?どっちかな。違う班の子達が、予定時間を過ぎても戻ってこなかったので、先生達の顔色がみるみるうちに変わったのを覚えている。もちろん皆無事だったが。
  • 湖畔で謎の火の神とやらを呼んで、キャンプファイヤー。しかもフォークダンス付き。火の神様の前で、あんなだらだらなダンスを披露してよかったのだろうか?
  • 一番の思い出というか印象に残っているのは、風呂。当時は環境のためとかで石鹸を使えなかった。お湯で体をながして湯船に浸かってで、髪がキシキシになった。思春期の者どもが、よくもまぁ耐えたものだ。

 

うーん、当時の自分は素直にこれに従っていたわけだ。今となっては考えられない。

大人になって、ますます怖がりになった自分には登山なんてできない。せいぜいハイキングどまりか。

ハイキングといっても、ただ歩いていればいいってもんじゃないんだろうから、通勤とかで歩くのとは違うよな。とりあえず楽しく歩いていればいいんでしょ?

じゃ、出かけてみるか。・・・でも、この暑い中外に出ていくのは危険を感じるので、

今日はこのくらいにしといてやるか。

 

山の恵みとは?山菜やら、きのこ類のことを言っているのか?

きっとそうだな。それなら手っ取り早いから、今日はこちらの8月11日を満喫しよう。

・・・あ、自分山菜もきのこ類も食べられなかった。

でも、山菜もきのこも栄養がたくさん詰まっているから、みなさんは好き嫌いしないように。くれぐれも、むやみやたらに採ってはだめですよ。知識ある方と図鑑片手にね。

 

山登りならぬ屋根?上り

f:id:mizuwariwde:20160811202147j:plain

 

© 2016 mizuwariwde