Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

超人達の夏の祭典

生まれてこの方、逆上がりは自分一人の力でできた覚えがない。

バレーボールで、まともなトスをあげられたためしがない。

徒競走で一番になった記憶はない。

ボールを投げようものなら、投げる前にボールが手からこぼれ落ちる。

・・・うーん、これ以上書くと切なくなるのでやめよう。

あっ、でも案外中距離はいけるかも。の運動音痴たべこです。

 

だからこそ、あるものを極め、成し遂げる姿を見るのは感動する。

常人が絶対にまねできないことを、想像しがたい努力の上に作り上げ、その一瞬にすべてをぶつける。全世界の皆が熱狂する、これほどのイベントは他にないよな?

オリンピック。

自分には決してない、ものすごい能力を持つ超人達を目の当たりにして、一喜一憂。

一挙手一投足にハラハラドキドキさせられて、挙げ句の果てには、見ているだけなのに疲れてしまう。

「あ``-っ、なんでそこでぇ~っ‼」

「えっ?審判、今のはどうなのっ⁉なんでだよ~っ。」

「よしっ、よくやった。そのままっ、そのまま落ち着いて。」

 

なんて素人が、音と画が出る四角い箱の前で、その競技をしている選手の親や、監督、またはそれ以上の関係者であるかの如く、叱咤激励している様は、超人達には大きなお世話であって、甚だ迷惑だろうな。

 

しかし、この時を目標にして努力を積んできた超人達に、どうにか望んでいる結果を出してもらえるようにと、遠くから一生懸命応援している。

 

〝今まで積み上げてきたものを、うまく全て出しきれますように。〟 

 

水飲み競争

f:id:mizuwariwde:20160813071137p:plain

 

© 2016 mizuwariwde