Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

防災の日に防災グッズを考える。

防災グッズはセットで買ったほうが良いのか?それとも、一つ一つ自分で買ったほうが良いのか?

 

毎年この時期になると、ネットの広告でよく見かける防災グッズ。

必要と思いつつも毎年スルー。

しかし、近年の天変地異を目の当たりにして、この際揃えてみようと思っている。

 

何がどれくらいあれば安心なのか?

生命維持には欠かせない飲料水。

最低3日分は用意したいところだが、人間は1日1.5〜2リットルの水分補給が必要。その他にも、顔や手を洗う分の水もあれば尚更良い。

 

非常食

こちらも生きる気力を保つ為に必須な物。

熱やガスを使わずに、水分だけで食べられるご飯やおかずもあるようなので、ピンチに陥った時に、少しでも元気が湧き出てくるような食事を選んでおこう。

 

手回し式ラジオ

災害時、情報収集に不可欠である。

電池や電源を必要とせず大変便利。

太陽電池搭載のものもある。それに最近の物は、携帯電話の充電や懐中電灯を搭載しているものもあるので、さらに安心。

 

毛布

防寒対策に必要。

普通の毛布だと携帯に不便なので、コンパクトに折りたためるアルミシートがいいと思う。

 

リュック

防災グッズを携帯する際に必要。

避難する時に両手が空いていると、障害物に出くわしても有利。

 

ヘルメット

一番大事な頭部を守るため。

避難途中、どんな落下物があるか分からないので、被害を最小限に抑えるため。

 

軍手

防寒対策や避難途中の瓦礫などから手を守るため。

 

簡易トイレ

大人ならまだしも、子供は長い行列を待てない場合がある。

 

サランラップ

水がない時には食器を洗うこともできないので、皿の上にラップをひいて取り替えれば、多くの水を使う必要がない。

傷口保護の応急処置にも使える。

 

ホイッスル

万が一倒壊した建物に下敷きになってしまった場合、自分の居場所を知らせることができる。

 

その他には、いつも飲んでいる薬・絆創膏・消毒薬・鎮痛剤・胃腸薬・感冒薬・オーラルケアグッズ・生理用品も必要。

 

必要最低限の物を考えてみたが、備えあれば憂いなし。

ストックしてある食品等は、時折覗いてみて賞味期限を気をつけること。

 

皆様も是非一度、見つめ直してみては? 

 

避難訓練?

f:id:mizuwariwde:20160901232003p:plain

 

© 2016 mizuwariwde