読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

ベビーフェイスと過去の嘘。

相変わらずの赤ちゃん顔。

化粧っ気のない、おかっぱ頭。

でも、背は自分や長女よりも高い。

 

二ヶ月振りに二女に会いに行った。

駅を出て、お相撲さんの横を通りすがり、少し歩くと娘の住処がある。

ベランダからスカイツリーが見える。

大家さんが最上階に住んでいて、時々訪ねて来てくれては、世話を焼いてくれるらしい。

 

二女は今年度から、東京で料理人として勤めている。

まだまだ、見習いに過ぎないが、まかないを作る順番がまわってくるそうで、二人一組で作るまかないを、娘はひたすら点心専門で作っているらしい。

 

 『一ヶ月もしないで辞めちゃうんだろうな。』

なんて、家族みんなで笑っていたけど、予想に反してまだまじめに勤めに行っている。

 

長女と母と自分でお上りさんツアーを決行したわけだが、今回は二女も連れて、久々に家族四人で新宿に行ってみた。

  

混雑しているところを嫌っていた二女が、この数カ月で東京に慣らされてしまったのだ。まぁ、慣れなくてはやっていけないだろうけど。

とにかくあちこちと出向いた結果、普段から歩いている自分でさえも疲れてしまったが、母はへっちゃらのご様子。

自分は運動量より、人で疲れてしまった。

 

歩く子供の後ろ姿を見ていたら、ふと過去の思い出が…

二女が小1の時 、学校へ着いたか着かないかくらいの時間に、玄関の向こうから大泣き声が聞こえた。慌てて開けると、そこにはここにいるはずのない娘。

『どうしたっ!?』

何があったのかと、血の気がひいたのを今でも覚えている。

 

『あたまがいたぁーいっ。うわぁーん。』

それしか言わない娘。

見たところ外傷もないが、大慌てで脳外科へ。

『これだけ、レントゲン撮るの嫌がって泣けるのだから、様子みましょう。急変したら連絡下さい。』

 

帰宅した後も特に変わりはなく、ほっと一安心。でも、二、三日は何か症状が出てしまわないかと、ヒヤヒヤしていた。

最近は子供でも何でも、CTやらレントゲンを撮るらしいが、ちょっと昔はそんな事なかったと思う。

 

 数分間の回想からふと覚め、背後から

『○○ちゃーん、小1の時、頭が痛くて帰ってきたの覚えてる?』

『あぁ、あれね。』

覚えているらしい。

『あの時は、本当に心配したんだよ。』

 

…『だって、あれ嘘だもん。』

『はぁっ!?何でよぉ、何であんな嘘ついたん!?』

『何でだろうね?何か嫌なことでもあったんじゃない?』

 

《このぉ〜、十数年間の心配を返せっ‼︎》

と、思ったのと同時に、

《あぁ、あの時の小さかった娘は、頭痛くなかったんだ。良かった。》

という気持ちになった。

 

独り立ちをした彼女。

会うのは簡単だけれども、どうしても別れ際が切なくて。

 

うらやましい限り仲良し親子

f:id:mizuwariwde:20160923193604j:plain

 

© 2016 mizuwariwde