Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

『生きることは死に向かうこと』来年こそは時間を大事に使いたい。

 

 

人生は時計のようなものです。ぜんまいはやがて止まります。だから何に時間を使うのか、一人一人が自分に問いかけるべきなのです。
なぜなら、生きることは死に向かうことだから。これは変えようのない事実であり、私たちの存在において最も大事なことなのです。

ウルグアイ元大統領:ホセ・ムヒカ氏

(2012年6月:国連持続可能な開発会議:リオデジャネイロ)

 

 

数々の名スピーチを残しているホセ・ムヒカ氏  

ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノ

生年月日:1935/05/20

ウルグアイの第40代大統領

 

1960〜70年代に、キューバ革命の影響を受け、ゲリラの一員として活動する。

強盗や誘拐などに手を染め、1972年に逮捕され、'85年まで服役した。

 

'95年に下院議員に当選、'99年には上院議員となる。

ゲリラ出身から初のウルグアイ大統領に当選し、2010年3月就任。

 

月収の約100万円(ウルグアイの月収平均・約5万円)のうち、生活費として毎月1000ドルを手元に残して、あとは全て寄付。

質素な暮らしを送ってることから、

【世界一貧しい大統領】として知られるようになった。

 

 

んっ?世界一貧しい…?

【貧しい】は、少し違うんじゃないか?

だって、給料が少ないとか、仕事がないとかじゃないんだから。

せめて【つつましい】とか別の言い方にならないだろうか?

【貧しい】という響きは、その人の全部に影響してしまう気がする。

自分の身を削ってまで、国民と国の為に尽くしてくれている人に、【貧しい】という言葉を当てはめるのはどうなのか?

 

 

死に向かって生きている

自分が目を背けていたことを、改めて再認識させられた。

大きな病気を患わない限り、死を意識しながら人生を送るなんて事は考えられない。

一度は大病を経験したが、喉元過ぎれば熱さを忘れるで、残念なことに生きているありがたさが薄れてきてしまっている。

なぜなら、毎日の生活に追われ、その日をなんとかやり過ごすだけで精一杯だから。

 

自分は、その時よがよければいいというタイプの人間だから、計画を立てるという事がものすごく苦手。

残された人生、決められた時間をいかに大切に使うか?

というのが、これからの自分の最大の課題。

決して生き急いでいるわけではない。

今更だが、後悔しないために、少しでも手直しできるところはしてみようじゃないか、といった感じ。

しかし、頭にイメージはしてみるものの、今の暮らしを、自分をどう変化させたらいいのか、さっぱりわからない。 試行錯誤しながら見つけていくしかないのかな。

 

 

f:id:mizuwariwde:20161231183746p:plain

 

上を見たらきりがない。

とりあえず雨風しのげている。大げさか?

仕事ができる。

食べたいものを食べられる。

ぶつぶつ言いあいながらも家族皆元気。

毎日一回は声を出して笑えている。

良いブログを書けるようにと必死になっている。

 

これでいいんですかね?

ありがとう。来年もよろしく。

皆さまよいお年を!

 

© 2016 mizuwariwde