Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

ウォーキング【全身運動】をさらに効率よくする方法。

 

f:id:mizuwariwde:20170128212428j:plain

 

ここ数年、ウォーキングは「健康的な移動手段」から、「健康には欠かせないもの」へと変わってきました。というのも、1日中座りっぱなしの状態は、体に害があり寿命を縮めるものとして健康に良くないと、科学的に証明されたからです。

【中略】

歩くことは健康に良いだけではなく、気分を良くし、創造性を高め、人生を変えるために必要な内省の時間を与えてくれる、瞑想的なものでもあります。

ウォーキングには健康になるだけではなく、創造性を高める効能がある | ライフハッカー[日本版]

 

ふむふむ、なるほどね。

 

自分は自宅から勤務先が近いので、特別なことがない限り、雨が降ろうが槍が降ろうが徒歩通勤。

わずか20分弱の距離だけど、ポケモンGOを起動してせっせと歩いている。

意識して歩くというのは結構疲れるけれど、普段からどうせ歩くなら、身体の為に少しは負荷をかけようということで、下記の歩き方を参考にして励んでいる。

 

正しいウォーキングの仕方

1.姿勢正しく

 

f:id:mizuwariwde:20170128151511j:plain

出典:2重あごを解消する方法!あらゆるケアでカッコ悪い2重あごを改善!

 

2. 正しい足の運び方

 

腕振りを大きめに、前に振るのではなくて、身体よりも後ろに意識して動かす。

モデルのように腰を前に出す様な感じで足を踏み出す。

親指・小指とその付け根、かかと三点同時で着地させる。

日常よりも若干歩幅を大きくする。

つま先・膝はまっすぐ前に向ける。

 

・・・

これでは普通のウォーキング説明になってしまう。

 

そこで全身運動をさらに強化させるべく、その方法を考えてみた。

(先に断っておきますが、ずぶの素人なのでひらめきで書いております。何卒ご了承ください。)

 

まず、全身筋肉の3分の2が集まる下半身を中心に動かすということは、司令塔の脳も常に働き続けるということなので、ウォーキングは脳にも良い。

 

そこで、さらに頭を良くする為に…

『ウォーキングwith負けジャンケ~ン』

ウォーキングをしながら、一人負けジャンケンしてみよう。

例えば、振っている腕の左手でチョキを出したら右手はパーを出す。

これを繰り返し腕を振るごとに行えば、さらに脳が鍛えられること間違いなし。

 

実際にやってみましたよ、思いついてからまだ三日しかたっていないけど。

姿勢を正しく、あごを引っ込め腹を引っ込めて、後ろに手を大きく振って、きちんと足の三点で着地して、ジャンケンして・・・って、

う~ん、こんなもんいっぺんにできるかっ!

 

普段は割と歩くのは速い方なのだが、『ウォーキングwith負けジャンケン』では身体と頭がうまく共同作業してくれない。

視線は進行方向を見据えることができず上の空で、「ぐー・ちょき・ぱー」と取り憑かれたようにぶつぶつと独り言をつぶやきながら、左腕と左脚、右腕と右脚が一緒に前に出てしまい、ロボット歩きの様にぎこちなく彷徨い歩く、通報される一歩手前の中年女性のできあがりなのである。

 

いや、きっと成功できるはず。

そしたら、周りの景色を眺めながら歌を口ずさみ、海老一染乃助・染太郎師匠のように傘の上で升を回しつつ、頭の中で円周率1,000桁位を思い起こしながら歩ける様になるだろう。

youtu.be

 

そうだ、とりあえず一人負けジャンケンがスムーズにできるように練習しよう。

それと傘の上で物を回せるように特訓しなければ。

あとは、それからだ。

 

んっ?

いや、違う。何かが違う。

はて?自分は何をしたかったのだろう。

 

© 2016 mizuwariwde