読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

【ギャンブル依存症】死んでも治らないのか?

 

 

ギャンブル依存症は病気です

 

f:id:mizuwariwde:20161227221231j:plain

 

ギャンブルに陥りやすいのは8割方はごく平凡なサラリーマン・公務員・主婦・大学生・あるいは年金生活者。

ギャンブルの問題が始まるまではごく普通に生活を営んでいた人が8割方で、2割方には少しうつのような人もいる。

 

そもそも、なぜ、人はギャンブルにハマるのか―。まず、ストレス緩和(気分転換)を求める、いわば"自己治療"の一環として。次いで、一人になれる上、孤独を感じずに安堵(あんど)できる"居場所"を求めて。そして、金銭を賭けることへの"緊張"と遂行したときの"安堵"を得るために―というのが専門家の見解だ。

 

このようなきっかけでギャンブルを続けるうちに、常にギャンブルへの強い欲求を抱くようになり、次第に賭ける金額や費やす時間が増えていったり、一度やめても何かのきっかけでまたのめり込んでしまったりする。同じ依存症(嗜癖障害)でも、アルコールなどのように体の症状が出ないため、本人の自覚が乏しく、周囲が問題視して援助するということも難しい。

 

いつしか仕事や学業に支障を来したり、家庭内不和や暴力による家庭崩壊につながったり、返す当てのない借金を繰り返したり、そのために横領や窃盗、詐欺、殺人といった犯罪に手を染めたり、自殺してしまったりと、悲しい結末を招いてしまうこともある。

【健百】日本人に多い! 理性ではやめられないギャンブル障害とは | あなたの健康百科

 

気になる方は、 受けてみてください。

ギャンブル依存症チェック|ギャンブル依存症治療の専門病院 大石クリニック

 

 

脳が変わってしまうんだ

 

何色もの激しい閃光と、突然襲い来る、心臓から脳へと突き上げられる、泡を食うような爆音に。

 

パチンコ店内のフロア清掃

出典:http://www.k-three-ace.com

 

パチンコ・スロットに、札を何枚も突っ込んでいるのにもかかわらず、無情にも当たることのない台に、明らかにor内心ではイライラしている並びの者たちをよそに、自分の台だけが、七色の光と爆音を放ち続け、賑やかにきらめいている。

 

そんな時は、顔には出していないと思うが、内心は優越感でいっぱいなのである。

これで儲かるという気持ちと、それ以上に周りの者達よりも優位な状況にあるという至福な時を繰り返していると、

大げさに聞こえるかもしれないが、こんな気持ちになってしまうのである。

『一生、金に困らない。』

 

 

トイレ休憩ついでにと、店内の状況を見て歩く。

どちらかというと、台というよりは人間観察をしていると言っても過言ではない。

そこには様々な人間模様がある

  • 何があっても動じずに、黙々と一定の作業を行う者。
  • 一打一打に祈りを込めながら、その結果に一喜一憂している者。
  • 明らかに当たらない事にイライラしながら、台に八つ当たりしているいる者。
  • 悲壮感が隠し切れなく、明らかに切羽詰まっている者。

 

ホールを全体的に多少ひいき目に見ても、明らかに楽しそうにしている人はほんの僅かで、その他の九割方は冷酷非道なツンデレマシーンに吸い込まれるようにのめり込み、台と一体化した無機質なロボットのようになってしまっているのである。 

 

サラリーマンの休日の息抜き程度なら問題はないだろう。

しかし最初に使った五千円が、少しの時間で五万円に化けて手元に戻ってきたとしたら・・・

 

泥沼にはまり、抜け出せなくなる方程式が徐々に完成されるのであった。

 

 

f:id:mizuwariwde:20170423205258j:plain

 

 

たとえ今日は負けたって、次は利益を伴って取り返せる

 

今日5万負けようとも、明日・明後日・明々後日で徐々に取り戻せるさ。

今までだってそうだった。

スロットは裏切らない。

いつだって応えてくれる。

そう信じて通い続け、増えていくのは借金だけだった。

 

 

欲をかいたら本当は勝っていたはずなのに大負けしちゃった

 

もうこの台だめだと散々うち散らかした台が、ことごとく当たっていた。

悔しすぎてはらわた煮えくり返る。

 

この店は、今日は自分に出す気がない。

終始監視されているんだ。と、半ば本気で疑いだす。

 

こんな店二度と来るものかっ!

と、思った数分後に『自分の台選びは間違っていなかったんだ』と、さらなる間違った自信を持たせてしまうような、大当たりがきてしまう。

 

『設定がいいはずのこの台は、打ち続けていればきっと盛り返す』

壊れた頭の思い込みが、さらなる追い打ちをかけるのだった。

人でなしの暴走が止まらない。金に糸目はつけない。

生活費だろうが、何だろうが関係ないのだ。

ただ、ホールへ行ってスロットをしたい。

あればあるだけの金をつぎ込む。

後先を考える能力は等の昔になくなった。

しかし一丁前に後悔だけはするのである。

『もう二度と行くもんか・・・』

何百回と誓ったはずなのに。

 

 

解決策

 

ギャンブル依存症が生涯ギャンブルから離れるためには、

『自分はギャンブル依存症なんだ』ということを自覚しなければならない。

深みにはまっている人ほど『自分はまだ大丈夫』と思っているそうだ。

 

脳の構造に変化が起こってるため、しばらくやめていてたとしてもきっかけさえあればすぐに元の状態に戻ってしまい、結局はギャンブル場へと引き戻されてしまう。

 

借金を作ってまでギャンブルにのめり込む人の借金の肩代わりをすることは、ギャンブル依存症の人にさらにギャンブルすることを許してしまうこととなり、症状を重症化させてしまうことになるので、

もし家族がギャンブル依存症になってしまったのであれば、

「敢えて援助しない」という態度を取ることが最大の援助になるらしい。

 

 

もはや本人だけの問題ではなく、家族や周囲の人たちまで巻き込まれてしまうギャンブル依存症。

早期の治療開始が望ましく、家族は鬼のような心を持って接しない限り、不幸は繰り返されてしまうようである。

 

© 2016 mizuwariwde