Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

【香川照之の昆虫すごいぜ!】香川照之氏の昆虫愛が激しい

 

主役食いの怪優、香川照之氏。

脇で出ようが圧倒的な存在感、まさに日本を代表する俳優。

 

出典:| 香川照之、東大出身で何学部なの?歌舞伎にいったのは息子が理由?父親との確執は?

 

俳優業以外にも歌舞伎役者・ボクシング解説と多方面で活躍する香川氏は、他局の番組出演中に、

「草むらを見るとムラムラし、虫が大好きで、いつかはEテレで昆虫番組をやりたい」

と訴えていた。

 

それをたまたま見ていたチーフプロデューサーが、チャンスを逃すものかと翌日には事務所にオファーを出す。

 

 

「昆虫から学んできた」
「昆虫には全てが入っている」
「人間よ昆虫から学べ」

 

昆虫に熱い思いをよせる香川氏の夢が叶い、 2016年10月

『香川照之の昆虫すごいぜ!』が放映された。

 

お題は「トノサマバッタ」

共演する2人の子供?達(1人は寺田心君)もカマキリの被り物に黄緑色のジャージで出演。

香川氏はというと、細部にまでこだわった雌カマキリの着ぐるみを着て準備万全。

雌カマキリに扮しているということで、

「お母さんと呼びなさい!」と子供たちに指示。

 

f:id:mizuwariwde:20170504193927p:plain

 

f:id:mizuwariwde:20170504193830p:plain

出典:香川照之の昆虫すごいぜ!

  

オンブバッタをザコ呼ばわりし、捕まえるのがもっとも難しいという、トノサマバッタの捕獲に挑む。

 

俳優28年の中で、本当にやりたい仕事に巡り会えたと、NHKに感謝する香川氏。

多摩川河川敷にカマキリの被り物をして、手袋・肘当て・膝当て・上下黄緑のジャージで挑む。

 

f:id:mizuwariwde:20170504194311p:plain

出典:香川照之の昆虫すごいぜ!

 

撮影を優先してしまったと最初は失敗、その後カマキリを見つけてしばし観察。

トノサマバッタを思い出し、飛んでいたのを追いかけて、今度は虫あみで挑戦するも失敗。

時間だけが経過していく中、 最終的には被り物を脱ぎ捨て、巨大虫あみで挑むもまた失敗。

 

網の隙間が多いと文句を言い、スタッフが休憩は?とたずねると、

「カマキリに休憩はない!」

と半ばキレ気味に言い放つ。

 

バッタに興味を引かせるため、糸に小さい棒をつけ(トノサマバッタがメスと勘違いして飛びついてくるらしい)、草むらに投げ入れるが、無理だと気づきまた網を手にする。

 

ありとあらゆる作戦を実行し、やっと捕まえたバッタは残念ながらクルマバッタ。

ハネの模様が違うだけで、それを知らなければ素人には見分けがつかない。

 

VTRを見ながらも、共演の子供達に熱く語るカマキリ先生。

 

「ハネが教えてくれるトノサマのにおいっ!」

草むらに這いつくばりながら、やっと捕獲成功。

4時間でトノサマバッタ3匹・クルマバッタ・ショウリョウバッタ・イナゴの子供などを捕まえた。

 

怖がる寺田心君に、虫の持ち方も説明をしながら優しく教えてあげる香川氏。

 

f:id:mizuwariwde:20170504194657p:plain

出典:香川照之の昆虫すごいぜ!

 

 

昆虫大好き!前略 クマゼミさま 

番組の合間に、クマゼミへのメッセージなるものを、自らホワイトボードに絵を描きながら、幼かった頃の体験を織り交ぜて熱く語る。

そして、人間が自然を壊してしまったと反省を込めてクマゼミに謝罪する。

 

 

お母さん、バッタジャンプを体感

トノサマバッタのジャンプを体感すべく、カマキリの着ぐるみをつけ、クレーンにつる下げられ地上11メートへ。

さすがに逆バンジー的な実験は人形で行われ、着地時には無残な姿に。

 

 

最後は香川氏と二人の子供たちが、トノサマバッタを怖いと言ってしまったことに謝罪する。

 

 

『香川照之の昆虫すごいぜ! ~2時間目 モンシロチョウ~』より

出典:香川照之の昆虫すごいぜ!モンシロチョウ

 

 第2回目は5月5日(金)午前9時から

www.nhk.or.jp

 

 「もし、モンシロチョウが人間サイズだったら羽の大きさはどれくらい?」

ということで、全長4メートル・重量8キロの羽を装着し、体当たりで撮影に挑んだ。

 

「昆虫に休みはない!」

と4時間休憩なしでモンシロチョウと格闘していたらしい。

 

「昆虫として、あの一瞬を生きているんです…」

スタッフ談

 

天は二物を与えず・・・

香川氏の場合はそうではないようである。 

さらに好きになった。明日が心から楽しみ。

 

 

© 2016 mizuwariwde