Every day is a new day.

日常から非日常まで知りたいことだらけ!

24時間チャリティーランナーは日テレ社員がやるべきだと思う

 

161.55キロだってよ、24時間テレビでみやぞんが泳いで自転車こいでその上マラソンする距離。

直線距離で言うと、東京から静岡県焼津の手前くらいまでかしら?

でも、すごい距離だよね?プロというか、五輪の距離だって51.5キロだよ。

 

f:id:mizuwariwde:20180815193649p:plain

ライブドアニュース(livedoor ニュース)

 

「絶対、最後までゴールしたいと思いますんで頑張ります!」と、当の本人は意気込んでいるが、真面目であろう若手芸人みやぞんの立場ではもちろん断れないだろうし、ましてや高額なギャラが発生するとなればなおさらである。

 

自分は何事にも一生懸命で、イッテQでは無理難題なパフォーマンスをことごとく成功させるみやぞんが好きなので、死者を多数出しているこの猛暑の中、にわかな練習のみでありえない距離のトライアスロンに挑むという行為が心配なのである。

 

そして何よりも、近年の【24時間テレビ】にはどうも良い印象を持てない。

以前にも同じような内容を書いた覚えがあるが、外国のチャリティー番組では、ハリウッドスターや歌手達(スティービー・ワンダー、ビヨンセ、ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、レオナルド・ディカプリオ、ニコール・キッドマン)等、ノーギャラでボランティアに参加している。

それがどうだい⁉日本の名ボランティア番組24時間テレビじゃ、欽ちゃん:1億円、嵐:5000万円(1000万円×5人)、TOKIO:5000万円(1000万円×5人) 、徳光和夫:1500万円、マラソン出演者:DAIGO・ブルゾンちえみ・大島美幸:1000万円 etc.と、出演者は高額なギャラをもらっている。

結局何のためのチャリティーなんだよ!と感じてしまう自分のわずかな望みとしては、できれば出演者たちが表沙汰にすることなく、ギャラを全額募金していてほしいのである。そんな淡い期待を持ちつつ、本当に募金していたら超Coolで尊敬に値する。

 

そして日テレさん、募金活動を本気でしたいのなら、日本テレビプロデュースでボランティア有名人ライブが手っ取り早いんじゃないの?

 

しかし、断っておくが、決して障害者の皆さんがテレビに出るなと言っているわけではない。

テレビを通じて障害者の皆さんが頑張っている姿が、番組を見ている人たちの励みになっていることには間違いないのだが、問題は、命の危険が伴う行為をしてまでのチャリティー番組が本当に必要なのかということだ。

 

重ねるが、熱中症で搬送される方も多い中、無理な企画は本当にやめてほしいと思う。

24時間スタッフ、まさか惨事が起きなきゃわからないほど馬鹿ではないだろうね?

 

そしてみやぞん、本当に無理で途中棄権したとしても、国民の九分九厘は決して文句を言わないから安心して。むしろ同情してしまうと思う。

しかし、何でもこなしてしまうみやぞんなら余裕なのかも?

でもそしたら、来年のチャレンジャーがさらに悲惨なことになるな・・・

 

広告収入だけでも数十億円と言われている24時間テレビ、偽善番組と呼ばれる日も近いかもよ…

あっ、もう言われているのか⁉

日テレさん、偽善番組疑惑を払拭する為にははっきり言って、放映中はずっと人気有名人がボランティアで出演し続け、チャリティーマラソンに関しては、各地の日テレ系社員が募金箱を持って走り回ればいい。

 

© 2016 mizuwariwde