Every day is a new day.

日常から非日常まで知りたいことだらけ!

死刑執行に天候が関係あるとでもいうのか

 

2018年7月6日放送の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」で、宮根さんとコメンテーターの住田裕子弁護士のやりとりに、ものすごく疑問を抱いた。

 

宮根「ずらせなかったのか、というのは住田さん、素朴な疑問としてね、今、色んなところで災害が起きている時に、何でずらさなかったのかなって

と住田弁護士に疑問をぶつけた。これに対して、

住田弁護士「管理系統が、災害対策と法務省の執行とが重なっている場合は、たぶんずらしたと思います。官邸の災害救助本部とか色んな対策本部ができるのと、これとはまったく別ルート」 

と冷静に、災害対策と刑執行の意思決定は異なるものだと説明。

この説明を受けて、

 宮根「我々からすると、もっと柔軟な対応があったんじゃないかと思いますが」

とさらに反発していた。 

 

・・・ 

 

ちょ、ちょっと待て。

 

死刑執行と大雨被害ってどんな関係があるの?

 

何言っちゃってるんだろう、宮根さん。

天候によって死刑執行をずらすって、どういうこと?

まさか、マスコミのため⁉

 

自分、この世に生を受けてまだ半世紀にも満ちませんが、ある程度の常識や一般教養は身に付けたつもりではあります。

しかし、死刑執行日に天候が関係しているとは存じませんでした。

・・・というか、関係ありませんよねっ⁉

 

死刑執行にとやかく言っている人、じゃあ、いつならいいんだ?

 

上川陽子法相は7月3日に死刑執行を命じ、7月6日午後、会見で松本死刑囚ら7人の刑を執行したことを正式に発表した。

なぜこの時期になったかは「個々の死刑執行の判断に関わることで、差し控える」とした。

 

最期に、誤解してもらいたくないのは、何の罪もない方々が大雨災害に見舞われていることを、決して軽視しているわけではありません。

f:id:mizuwariwde:20180706230540p:plain

大雨災害に見舞われている方々には心よりお見舞いを申し上げると同時に、避難指示・勧告が出た地域の方々、人命が第一ですから、ためらうことなく、一刻も早く非難してほしいと願うばかりです。

皆様のご無事をお祈りいたします。

 

© 2016 mizuwariwde