Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

うさぎの赤ちゃん産まれた

2016年5月17日深夜、うさぎのモルゾフが5羽の赤ちゃんを出産した。

人間のお産は、多くの人の手を借りてだけれども、うさぎは1人で頑張っちゃうんだもんなぁ。

 

自分の毛をむしって、赤ちゃん達のために布団を作って。

それはそれは、感動で胸が熱くなった。

動物って、力強い。

 

お母さんが育児放棄をしていないかどうか、こっそりと赤ちゃんの様子を見なければいけないし、触るなんてもってのほか。(人の匂いがつくと育児放棄をしてしまう可能性がある)

 

生存確認をする為には、軍手をして母親の匂いをつけて、赤ちゃんの体を刺激して、生きているかどうかを確かめる。      

繊細なうさぎ相手に、

母乳はちゃんと飲めているのか?

お母さんに踏んづけられていないか?

室温は適温なのか?

仕事中でも頭をよぎってしまう。

こちらも神経をすり減らすが、わが家に癒しを与えに来てくれた、モルゾフ(母)ウルティモ(父)家族に、全面協力しよう。

いつもありがとう。そして5羽の赤ちゃん達、どうか元気に育ってほしいと切に願う。

 

数ヶ月前のことを思い出し、眠れない自分がいる。

初めに出会った一羽は、小さい薄茶色のウルティモ(雄)。

昨年12月暮れに自分の反対を押し切って、わが家に長女が連れてきた。

ハムスターを何度か飼育したことがあり、亡くなるたびに寂しく辛い思いをしたから、口のあるものは二度と飼わないと約束していたはずなのだが。

 

そして、2月になると、白くてグレーのぶちがあるモルゾフ(雌)がやってきた。

大学・バイトと忙しい長女に、二羽のうさぎの面倒を見れるのかと、強く反対した。

いればいたで、ないがしろにはできない。自分は特別なことがない限り、絶対に面倒は見ないという約束の元、新しい家族との生活が始まった。(実際のところは、こっそり手を出しているのは言うまでもない。)

 

そして、お父さん色した5羽が増え、さらに賑やかになってしまったのだ。

ははは、なんとかなるさ。

 

よろしくお願いします

f:id:mizuwariwde:20160815191600j:plain

 

© 2016 mizuwariwde