読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

Do it yourself

最近の風呂場の目地が気になる。

どうにか自分で手直し出来ないものかと。

ついでに風呂場の洗剤でも購入しようと、近所のホームセンターへ重い腰を上げて、行ってきた。

いざ店内へ。

 

しかし、あの空間に入ってしまうと、どれもこれも必要な物になってしまい、結局、当初の目的の物だけでは済まされなくなる。

「あー、ティッシュ安いや。」

「トイレットペーパー残り少なかったな。」

「そうだ、ハンガー壊れていたんだ。」

「また来るの面倒だから買っとこう。」

 

なんてやっていると、ショッピングカートがすぐに満杯になってしまう。

少し心を落ち着かせて、これは本当にわが家の必要としている物なのか?と自問自答してみる。立ち止まり、一点の空を見つめて考えている様は、「あの人はどうしちゃったんだろう?」と、思われているかもしれない。そして、ハッと我に帰り、また売り場をうろうろして、断捨離するの繰り返し。

  

そして、ある程度買い物が落ち着くと、決まって立ち寄るところはペットコーナー。

子犬や子猫で目尻の下がったところで、小動物コーナーへ足を踏み入れると…

団子状に固まっているハムスター。

寝床に頭だけを入れて寝ているハムの、小さい小さいしっぽがちょこんとしていて、「あ”〜かわええ。」思わず歯を食いしばってしまう。

後ろを振り返れば、赤ちゃんうさぎ。

「お前さんたちも、うちのに負けないくらいかわいいねぇ。」

うんうん。あっ、もう帰らなきゃ。

 

帰宅後すぐに、心の中で葛藤。

後にまわしたら、自分の事だ。絶対に面倒くさくてやらない。未来の自分のために、今頑張ろう。

 

ということで、靴下を脱ぎズボンの裾をまくり、いざ風呂場へ。

風呂場の目地の汚れている部分を少し削って、(これがなかなか剥がれない)紙テープみたいな物でマスキングして、コーキング剤をにゅっと塗っていくわけだが。

 

不器用な自分が、初めて挑むことに、書いてある通りにすらすら出来るわけがなかった。

コーキング材を塗るために、たった1メートルくらいの作業に、何時間かかったことか。

一定量塗れていないところは、マーキングを剥がした後だったけど、上から足しちゃったりしたからはみ出したりで、どうも見た目がよろしくない。まだ何ヶ所か手直ししなければならないのだが、もう心はポッキリと折れてしまった。

(やっぱり、短気の自分はこういうのだめなんだ。プロにやってもらいたい。)

 

「もう、や〜めた。」

本当は、1日くらい乾くのを待たなくてはならないようだが、その晩には風呂に入ってしまった。

 

ひと段落して、 夕飯をあげるためにうさぎ達の元へ。

『  あー、晴れた日にまた頑張らなくちゃ。結局今日1日じゃ済まなかったなぁ。』

ご飯を夢中になって食べているうさぎ達に呟いても、聞いてはもらえない。

でも、お父さんだけは、じっと自分の方を向いてちょこんと座っていた。

ケージから出てきてもらい、抱っこして撫でると、目をつぶって気持ちよさそうにしている。

『よし、またチャレンジだ。』

と少しだけ前向きな気持ちになれた。

 

本当に良い子(父)

f:id:mizuwariwde:20160815215755j:plain

  

© 2016 mizuwariwde