読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every day is a new day.

たべこ一家とうさぎ一家の何気ない日常

本命だけの就職試験

明日30日は長女の就職試験日。

二女(現在東京で中華料理人の駆け出し)は、3社目でやっと受かったが、長女は明日の試験以外は、他の所は考えていないのだという。

 

随分と余裕なことを言っている。

これまで何の困難もなく進学し、まあまあそれなりの結果を残せたが、ここで少し痛い目を見ないと、今後の社会生活は大丈夫なのかと心配になる。

 

この件を、職場のみんなの前で話していたら、「母ちゃん厳しいね。」なんて言われてしまった。

 

そりゃあ、自分の子供だもの、順風満帆でいてもらいたい。

だけど逆境を乗り越えて、少々辛い事も耐えられる人間になってもらいたい。

 

自分の子は、そんなにメンタル強くないか。と思うけど、とにかく後悔ないように、どんなことでも楽しんで出来るようになってもらいたい。

 

二女もこれまでの学校生活は、愚痴をこぼせば贅沢すぎると言われてしまうくらい、とんとん拍子できたが、今回初めて就職試験というものを、何度も挑戦しなければならなかったことで、世の中はそんなに甘くはないと、少しは気づいてもらえたかな?

いや、気づいてもらわないと困るけど。

 

先ほどから、家の中をウロウロする長女。

就活スーツのスカートがないとか、クールビズだから半袖のシャツで来いと言われただとか、前日になって騒いで焦っている。

 

しかし、今から始まった事ではない。

いつだってそう…

小中学の頃、箸セットを家に忘れて、職員室に箸を借りに行く事、学年でトップクラス。最初のうちは届けたりもしたが、本人の為にと何もしないでいたら、結局これは中学卒業までなおらなかった。

 

試験前日、教科書を持って帰るのを忘れたと、夜間に職員玄関から入る事数回。

 

大事なプリントを無くしたと、友達に借りてコピーさせてもらう事、何回も。

 

まだまだあるけど、長女の名誉の為に伏せておく。といっても、これだけでも相当だが。

 

こんな忘れん坊のおっとり娘でも、一歩外へ出れば、バイトにしろ学校行事にしろ、それなりの結果を出すのだから見ものである。

 

明日の試験、いつも通りにやってくれば問題ないでしょ?

普段通りにお姉ちゃんらしくしてきて。

がんばっ!

 

応援するうさぎ一家

f:id:mizuwariwde:20160802060319j:plain

お父さんがそっぽ向いちゃった。

 

© 2016 mizuwariwde